BLOG

『MAMI KAWADA BEST “F”...15年を振り返り。』
2017.3
すでにリリースされて2日経ちましたが。
「MAMI KAWADA BEST “F”」
発売日のおととい、11月22日は
私がI'veで初めて歌った曲が発表された日です。
miss youというゲームの主題歌「風と君を抱いて」。



これが2001年... 今2016年... あれから丸15年...



ひゃぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜(>_<)
年とった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(笑)!!!!!



とりましたね。15個も。
でも、とても幸せな15年でした。
取って良かった!と思える15年。ああ、幸せ。
ま、体系も変わりましたし、シミも増えましたがw



そうそう、まだとても若かった15年前...
(正確には夏前にI'veオーディションを受け、
レコーディングも夏には終わっていた)



ぽっちゃりとした体系にショートカットだった私。
性格は明るかったけど↑のような姿。
当たり前ですが外見には自信がなく
「表に出る機会は無いけど、歌のお仕事が出来る!」
当時はとても魅力的でしたね...



しかし物事は移り変わっていくもの。
I'veもアニメ作品を手がけたり、表舞台への進出が増え
自分でできる事だけでも整えなくてはっ!!
と、必死でダイエットして、髪も伸ばした。
ああ、懐かしい〜(笑)



メジャーデビューが決まった時は
変化に「怖さ」を感じた。
元気な性格のくせに、臆病で意外に消極的なところがあって
自分ではなかなか動き出せなかった次のステージ。



思えば、私はこのデビュー以降もずっと
まわりの環境に助けられていたように思う。
なーんにも知らない札幌の小娘だった私が
沢山の手に引いてもらって、背中を押してもらって
立たせてもらう舞台は、いつも大きなものでした。



「公開修行」とでも言うべきか。
そんな舞台に追いつくべく、必死だったメジャーシーンでの10年。
心の奥底では
「私はそんなんじゃない」
「まだまだ大きな舞台に立てる自分ではない」



思っていました。
思っていたけど、それすらも言えなかったですね。
そう、私はとってもずるい女なんです。



でも言わなくて良かったなと思います。
「公開修行」辞退しなくて良かったなと。



こうした人達の助けや用意していただいたステージ
作品、出会いは、
私にはとても大きなものばかりだったけど
そこに私は育てていただきました。
今は本当に感謝しかありません。



歌い手として15年。
誰がここまで続けて来られると思っただろうか。
私は... もちろん希望はあったけど
こんな風にみんなに愛していただけるなんて
最後まで応援していただけるなんて
本当に本当に思ってもいませんでした。



そして、宝物の様な1枚が完成し、発売されました。
「MAMI KAWADA BEST “F”」
こんなに愛の詰まった1枚はこの世には存在しない。
言い切れますっっっ!!!!!!



残すところ歌手活動期間も1か月ちょっと。
と言っても、すでに歌う機会はないのですが
私もこのBESTを開き、聞きながら、振り返りながら
感謝の日々を過ごそうと思います。
ありがとう。